FC2ブログ
11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

<トップページ> 

  こんな辺境のサイトへようこそ。

   
  ※なお、このページは常にトップに表示させるため、未来記事となっております。日付が可笑しなことになってますが、気にしないでください。
スポンサーサイト

[edit]

初音ミクシンフォニー2018 




 挨拶省略。単刀直入。

IMG_E6060.jpg
IMG_E6057.jpg
 今年も行ってまいりました。初音ミクシンフォニー2018!!
 チケットは即取れたものの、出張と被るかが微妙なとこでした…幸い2日前に出張先の北海道から帰ってこれたのでギリギリセーフ。無事参加できました。


 というわけで、いつもの如くレポートとも呼べない感想的な何かを書いてきます。去年も言いましたがオーケストラに関してはド素人ですので普段以上に小並感です。注意


 ちょうど一年前の今頃にも参加した初音ミクシンフォニー。去年は東京国際フォーラムが会場でしたが、今回はパシフィコ横浜の国立大ホールでした↓
IMG_E6063.jpg

 横浜は結構家から近いのですがなんだかんだでパシフィコ横浜行ったの初めて。
 家から近いということもあって早めに行こうと思って現地には10:30には到着してました。ちなみに物販開始が12時、コンサート開場が17時、開演が18時。ぶっちゃけ早すぎるかなーとも思いましたが、去年結構完売が多く出てたので予防線張りました。


 結果としては、3時間後に購入
 2時間半屋外で待たされたこともあり身体は冷え切ってました…北海道帰りが情けない_(:3 」∠)_
 無事全部買えたんですが…16時くらいにブース見に行ったら完売は一つもありませんでした。しかも列もほぼなし。解せぬ。

 ちなみに買ったやつ
IMG_6066.jpg
 今回はあんまり買ってません。パンフとピンバッチとラバーリストバンドガチャ。
 ずっとリストバンド的なものが欲しかったので「ぜってぇミク当てたるわ!」ととりあえず3個買いましたが見事外す(7種ランダム)
 まぁダブりはないしリンちゃん当たってるし爆死ではないですね。


 あと物販ブースの近くでフィギュアの展示もありました。
IMG_E6051.jpg
 再現度高し。美しい。

IMG_E6053.jpg
 早くも2018シンフォニーミクのねんどろいどが。
 Rellaさんの絵は同人誌でもお見掛けしてますが、儚げというか透明感の表現がほんとうにすごい。光を操っているかのよう。


 14時には物販を終え、17時までその辺をぶらついて時間を潰し、いざコンサートへ。
 席は2階の後ろの方。一番いいS席のはずがイマイチいい席とは言えない…ただ去年よりはステージまでに距離が近かったのと、指揮者の動きとかがよく見えたのでまずまずといったところ。


 2017でもあった可愛すぎるミクさんのアナウンスを聴きながらオープニングを迎える。
 ちなみに去年は事前にプログラムが公開されており7割方セトリが分かってる状態でしたが、今年は予告はなし。何が来るか全くわからない状態でのスタートでした(パンフには書かれているので事前に見てたらわかりますが)


 これまでの2回はいずれも「未来序曲」でスタート。初音ミクシンフォニーのテーマソング的なとこあるので1曲目はこれかなと思ってましたが――

 今年のオープニングは「39」!!!
 もうお前何百回聴いてんねんって感じなんですが初手で泣きそうでした…意外にもシンフォニーでは初見の曲。10周年の頃を思い出しつい涙腺が…年かな…


 曲が終わるとスクリーンには3Dモデルのミクが。今年も司会進行はミクさん。2017はV4Xでしたが、2018はシンフォニーミク。以前より滑らかで自然な動きでした。しかも、ステージ脇には等身大ディスプレイがあり、そこには等身大のミクさんが…!家にほしい( ˘ω˘)


 続いて去年もやった「初音ミクの消失→激唱」!!
 特に消失のインパクトがすごい…高速のメロディが重低音で骨の髄まで染み渡る感じ。
 去年はステージから離れていたのとホールの構造のためか、音が少し聴き取りにくいところがありましたが、今年はダイレクトに聴けたので余計に。


 スクリーンには今日の主役の一人であるルカ姉が…!ルカも10周年ですね!おめでとうございます!
 もしかしてルカが歌うのではなく、普通にしゃべるのって初めてじゃないですかね…?さすがの美声でした。


 ルカのコールから「Just Be Friends→ダブルラリアット→ルカルカ★ナイトフィーバー」の10周年メドレー!!
 どれも説明不要の名曲ばかり。個人的にも「ルカの聴きたい曲3つ挙げて」と言われたらこの3曲を選びます。
 映像は「DIVA→ニコニコ原曲→iXima先生イラスト」でした。素晴らしい演奏と回り続けるルカが上下で並ぶ絵面がシュールでしたw


 そしてルカ最後の曲――「メモリ」
 ジミーサムの書き下ろし曲。歌詞がほんと心に沁みるというか…特別ルカ推しってわけでもない自分ですらうるっとくるのに、入場待機列で前にいた全身ルカで染めたあのマスターは息してるだろうか……


 ルカのアナウンスから次はレンリンのターン!
 去年もやって最高すぎた「四季折の羽」と「Fire◎Flower」!
 前も言いましたがほんと「四季折の羽」が素晴らしい…2番に入るとこでコーラスが加わり、一気に重厚感増すとこが毎回鳥肌モノ。


 実はその前のルカのアナウンスで「『あの曲』をフルコーラスで演奏していただきます」と言ってました。レンリン→レンソロとくればやはりリンソロが来そう。しかも何となくボヤかしてるってことはサプライズ曲…インパクトがあり初披露の曲でかつみんなが知ってる有名曲――やはりアレか……?


 はい、アレでした。「ロキ」!!!!!!
 予想通りというか希望通り。これが本当に最高だった…文字ではちょっと言い表せないほど素晴らしかった。
 他のコンサートほど厳格ではないとはいえ、ちゃんとしたコンサートですので、軽くペンライト振るくらいはいいものの、大声上げたり立ち上がったりは厳禁なわけですが、ここでは己の衝動を抑えるので忙しかったです。もう「叫びたい!!跳びたい!!」という気持ちでいっぱいでした(;'∀')


 静かに座っているもののテンションはMAXな私の前に、ついにあの子が姿を見せる…今回の主役の一人重音テト!!
 テトのことはそれこそミクの次くらい昔から知っていますが、まさかこんな大舞台で見れるなんて…
 正直「吉原ラメント」と「命短し恋せよ乙女」くらいしか普段聴かないものの、感慨深いものがあります。昔からテトが好きな人はマジでこれ心停止したんじゃなかろうか…

 やはりUTAUということもあり、ミクたちと比べて喋りがたどたどしかったですが、そこもテトらしくて良かったw


 テトも10周年!ということで「耳のあるロボットの唄→吉原ラメント→おちゃめ機能」のメドレー!
 「吉原ラメント」はやはりよかった…和の曲ですがオーケストラに完璧にマッチしてました。最近は和楽器バンドのカバーの方ばかり聴いてますが久々に原曲も聴こうかなと。あとスクリーンの花魁テトがとてもよかった。しかも描き下ろしてるのが原曲イラスト手掛けた人と同じってのがエモい。
 「おちゃめ機能」もあえて線画のまま動かしててこだわりを感じた。それしてもおちゃめ機能のテトほんと可愛い…

 
 ここで一旦小休止でしたが、次なにやるかが個人的に気になってました。去年は落ち着いた曲を短めのメドレーで演奏しましたが…少なくとも普通に入るとは思えない。


 20分後に再開。
 予想通りに予想外の曲で始まった。スクリーンにはデフォルメされたルカと――GUMI!?
 なんとまさかの「ハッピーシンセサイザ」!!
 ほんと想像の斜め上すぎて…権利上GUMIがミクたちと共演することはできないと思ってたのですが…もしかしてインストゥルメントだからですかね?GUMIの声はNGだけど映像だけなら、ということでしょうか。だとしたらまさに初音ミクシンフォニーだからこそできることですね。マジミラでは難しいでしょうし…

 ということは…そう、この曲もできます。「いーあるふぁんくらぶ」!!
 これも演奏オンリーでしたがスクリーンではSDのリンちゃんとGUMIが。これまではレンリンでしたからねー原曲どおりの二人が揃うのはこれが初めて。よい…

 しかし。予想の上には上がいる。デフォルメで登場したのはミクと……ウナちゃん!?
 なんとミクウナの「ちがう!!!」!!これはたぶんあの会場にいた誰一人として予想してなかったのではないでしょうか。曲も好きでしたが、なによりSDな二人が可愛すぎて。


 超余談ですが、コンサート後にツイッターで呟いたら…
無題642

 1分足らずで公式から♡飛んできましたw
 まさか二度もビビることになろうとは(((


 小編成コーナー(とはいいつつも結構なボリュームでしたが)が終わると――「メルティランドナイトメア」!!!
 ミク関係のイベントではおそらく初となる新曲!これもめっちゃびっくりした。もともと独特な曲ですが、オーケストラのお洒落な音色とも相まって不思議な雰囲気を醸し出していました。これもすごくよかったなぁ


 そしてこの次が個人的に最高だったターン
 10周年を迎えるのはルカやテトだけじゃない。雪ミク10周年メドレー!「好き!雪!本気マジック→Snow Fairy Story→スターナイトスノウ」

 雪ミクは2009年冬からの登場なので来年で10周年ですね!まさか雪ミクの曲を雪ミクライブ以外で聴けるとは…軽く感動しました。それも全部本当に大好きな曲。全体的にオーケストラ向けというか親和性ばっちりでした。観客もゆっくりと青いペンライトを揺らす幻想的な空間で居心地よかったです_(:3 」∠)_
 強いて残念だった点を挙げるとすれば、2018年テーマソング「四角い地球を丸くする」がなかったことくらいでしょうか…


 もうコンサートも終盤
 そろそろ締めようと涙腺を容赦なく襲ってくる――「星のカケラ」
 ここでミク最古の曲を持ってくるとは…しかもコーラス付。うるっとくる。


 そして本編ラストの曲――「ガールズフレンドシップ」
 聴いたことないなーと思いましたがそれもそのはず。Mitchie Mさんがルカ10周年記念ということで書き下ろした曲です。演奏も歌詞も素晴らしいんですけどなにより…スクリーンの映像がすごい…てぇてぇなんすよ…ここ数年で最高級のネギトロを見た(・ω・)
 パンフに載ってたMitchie Mさんのインタビューで「詞が百合っぽく解釈できるようにした」とおっしゃってました。GJ


 万雷の拍手と共に舞台を後にする指揮者――しかし鳴りやまない拍手。まだまだこれからだ!

 再登場したミクさんの「そういえばKAITO兄さんとMEIKO姉さんの曲がまだですね」みたいなセリフが――おっとー!?みたいな空気の中、スクリーンに映し出されたのは超熱血顔でポーズをキメるKAITOの姿だった。左上にあるは「卑怯戦隊うろたんだー」の文字。

 ・・・いや、正直「なにやらせとんねん」て思いましたww(なんと合唱付きフルコーラス)
 まさか公の場でこれが聴けるとは…去年の「脱げばいいってモンじゃない!」もそうですが、アンコール1曲目ははっちゃけないといけない流れなの…?
 演奏はやはり最&高でした。


 次は「ぽっぴっぽー」とかかなーと思ってたらこれまた想定外のあの曲――BUMPの「ray」!!!
 「あれ・・・なんかイントロ聴いたことあるな・・・」と最初曲名が出てきませんでしたいきなりすぎて。曲調がオーケストラと相性がバツグンでした。


 「次が本当に最後の曲」ということでスクリーンにミク・ルカ・テトが登場。この三人が並ぶなんて今後もう二度とないんじゃないかと思って目に焼き付けてきました。
 ここのテトがほんと可愛くてですね…ミクとルカがお辞儀したのを見て慌ててお辞儀したり、頭上げるタイミングわからなくてずっと頭下げてたり、次は横チラ見してお辞儀のタイミングを見計らうテトちゃんがマジで可愛すぎてヤバかった(語彙力)


 そして本当に最後の曲。「たいせつなこと」
 ふわりPが今回のエンディングのために作った7人曲。美しいや綺麗というより優しいという印象。美しい演奏もあってこれまた涙を誘われました…


 流れるアウトロと宙を舞う紙吹雪とともに公演が終了!
 いつもの三本締めをしてホールをあとにすると夜の帳もすっかり降りていました。
IMG_6064.jpg

 上質な2時間が終わって、冷静に思い返してみると今年は去年とはまったく違うコンサートだったなぁという印象です。

 2016と2017は比較的似通っていましたが、2018はプログラムの予告もなく、テトやGUMIやウナといったこれまで一度も登場したことのないキャラもおり、新鮮さという意味では過去のどのライブ・コンサートよりも上だったかもしれません。
 にもかかわらず、パートごとにテーマがはっきりしてて雑多な印象はまったくないとてもまとまった構成で、完成度が格段に上がった気が。3年目を迎え、熟成されたということでしょうか。
 それでもしっかりと去年までのいいところ――おちゃめな指揮者だったりペンライト振る観客といったいい意味でクラシックコンサートらしくない空気感はそのままに引き継いでおり、大満足でした!


 曲や演出について中心に書いてきましたが、一番印象的だったのは指揮者の動きかもしれません。これまでは(大変失礼ながら)指揮者の役割というものをよく理解していなかったのですが、指揮者のどの動きがどの楽器に合図しているかを注視していると、オーケストラが指揮者の下統制されているんだと実感できました。少しだけクラシックコンサートの良さを知れた気がしました。


 はい、語りたいことは語り尽くしたと思います。長々とすみませんでした。ここまで読んでくれた方がいらっしゃいましたらありがとうございます。
 そして、一緒に拍手を鳴らしまくった同志の皆さん、素敵な演奏で彩ってくださった東京フィルハーモニー交響楽団の皆さん、ミク・ルカ・レン・リン・KAITO・MEIKO、ゲスト参加のGUMIとウナ、あと忘れてはならないテト…みんなお疲れ様でした!最高の時間をありがとう!では、これにて。


[edit]

はぴば・とぅ・みー 




 はい、本日11/2はマリー・アントワネットの誕生日です。おめでとうございます!あとは村上文緒ちゃんとかロラン・セアック君の誕生日です!おめでとう!

 はい、終わり!


 ・・・まぁ一応尺余ったし、俺にも触れてやるかー
 余談ですが、今日は私の誕生日です。いぇーい


 うん、どうでもええわ!!
 ってこの年にもなると思うわけですが、こちらのおかげでやっと意味を見出せました↓
イノ
 親友のナツさんが今年もやってくれました。

 は?エロいんだが??どうしてくれる???

 軽く衝撃的でキレそうになった(ェ
 この『童顔+赤面+巨乳+時計+水着』とかいう俺のフェチのオードブル盛り合わせみたいなセットなんなの…しかもそれがうちの子となれば尚更。こんなの正気を保っていられようか。否

 もとよりロr…幼j…幼子を描かせれば天下一品と名高いN氏が、合わせて巨乳を描けばどうなるか…答え:私が幸せになる()
 すっごい個人的な意見であれなんですが、普段ちっぱいしか描かない絵師さんが巨乳を描いたり、普段健全な絵しか描かない絵師さんが突然エロい絵描いたりするのって……最高に興奮しませんか?(聞いてない)

 もちろんそんな下心だけで見てるわけではございませんとも。

 なんつっても水着!11月に!水着!狂ってやがるぜ!最高かよ( ˘ω˘)
 年がら年中メロブやらしんばんで水着本を漁るのが趣味みたいな私にとってこんなに嬉しいことはない…しかもこれ確か昔年賀状絵の差分で描いた水着ですよね?あえてイノっちらしくない過激なデザインにしたんですが、改めてみるとヤバいですね。零れんばかりの乳と深ーーーーい谷間、ベルトの食い込み…嗚呼、ナツさんも俺もいい仕事をした(職人面)


 しかしそんな水着の素晴らしさも良い素体があってこそ。
 ロリっぽさを残しつつも隠し切れない豊満さ、そしてそんな身体を持て余している表情――極上である。これぞイノ、と何故か私が胸を張りたくなるレベルで完璧に似合っています。

 さらに、つい忘れがちになりますがイノは時計の擬人化です。それを表すパーツの一つ一つが丁寧かつリアルに描かれているのが本当に素晴らしい。まるで本物の時計の実物を見ながら描いたかのよう。イヤリングの鎖がちゃんと六角だったり、髪留めのバンパーもまさに実物そのまま…きっとこれを描くにあたり、過去の私の絵を隅々まで見てくれたんだろうなーと思うと嬉しくなります。恥ずかしいのでやめて

 つい長く書いてしまった。オタクは好きなことになると長文か早口になりがち。許せ
 今年でなんと6年連続でいただいています…すごい。もう近頃は俺よりも俺のキャラ描いてるんじゃないか疑惑ある(ェ


 おかげさまで最高のプレゼントをナツさんからいただいたわけですが、他の方からもお祝いの言葉をいただけて嬉しい限りです。その中の一つがこちら。

無題639
 VTuberの「宗谷いちか」さんからのコメント!最近激推し中のVTuberです。

 いやーびっくりしました(;'∀')
 実は前日の11/1が宗谷さんの誕生日でして、自分のことそっちのけでお祝いイラスト描いたり、誕生日配信見て盛り上がったりしてたのですが…まさかこっちまで祝っていただけるとはw
 宗谷さんは声可愛いし、話面白いし、歌かっこいいし、いつも楽しそうに配信するので本当に好き…秒で推したい。
 →宗谷いちかさんのチャンネル

 Vの者についてはいずれ個別記事書きたいので割愛。


 とにかく。
 ナツさんや宗谷さんのおかげで無味乾燥としていた誕生日に色がつき、しあわせな気持ちになれました!マジで感謝!
 次の一年もなかなか難しい一年になりそうですが、無事乗り越えていけたらなぁと思います。

 では、これにて。
 りしーゆー!

[edit]

MAGICAL MIRAI 2018[ライブ編]  




 企画展を一通り回り終え、一定の満足感を得た我らがライブ会場へと足を運ぶ道中――

 すると、そこには運命を決定づける究極の分岐点があるのだった。


 『立ち見』←  →『指定席のお客様』


 ・・・・・・

 言い方ぁッ!!!
 そりゃ、立ち見なんて隅っこに突っ立てればいい小道具の木のような存在かもしれないけどなぁ!ちゃんとお客さんなんだよ!せめて『立ち見席のお客様』って書いてくれよお!!・・・とかチラっと思いましたが別に特に怒ったとかそんなことはありませんww


 ちょっとしたスペースに集められた立ち見の我々(意外と多くいた)は看板を持ったスタッフに連れられアリーナへ。その姿はまるで甲子園に入場する甲子園球児のようであった(客観視)


 立ち見席ってどこやと思いましたが、アリーナの左右の端一列に設けられたスペースでした。ところがこの席――存外悪くないのです。
 メッセってもともと2階席がないので全員アリーナですし、奥行きがそこまでないので端とはいえ、ステージが見えないほど遠くはない。しかも、決められた席がない分、自分のスペースをわりと自由に決められますし、結構な広さがあるのでちょっと下がればオタ芸すら可能。目の前はフェンスなので気にせずペンライトも振れる。しかも端にあるモニターもよく見える。さすがにステージと距離はあるのでミクさんは見えにくかったものの・・・てっきりぎゅうぎゅう詰めにされるとばかり思ってたので、想定外の快適さでした。下手なSやA席よりよっぽどいい。そんな我々を羨んでか「こっちの指定席券と交換しませんかー?」と声をかけてくる人がいるほど。


 はい。いつもの長すぎる前置きでした((

 こっからはいよいよライブ!まずはセトリから。

01:Hand in Hand / kz feat, 初音ミク
02:ビバハピ / Mitchie M feat, 初音ミク ☆
03:METEOR / DIVELA feat, 初音ミク ★
04:アンノウン・マザーグース / wowaka feat, 初音ミク ★
05:ワールドイズマイン / supercell feat, 初音ミク
06:キャットフード / doriko feat, 初音ミク
07:アカツキアライヴァル / Last Note feat, 初音ミク・巡音ルカ
08:愛言葉 / DECO*27 feat, 初音ミク ☆
09:あったかいと / halyosy feat, KAITO ★
10:Nostalogic / yuukiss feat, MEIKO
11:on the rocks / OSTER project feat, MEIKO・KAITO ★
12:No Logic / ジミーサムP feat, MEIKO ★
13:ドリームレス・ドリームス / はるまきごはん feat, 初音ミク ★
14:劣等上等 / Giga feat, 鏡音リン・鏡音レン ★
15:ロキ / みきとP feat, 鏡音リン・鏡音レン ☆
16:ジェミニ / Dixie Flatline feat, 鏡音リン・鏡音レン ☆
17:8HIT / じーさすP feat, 鏡音リン・鏡音レン ☆
18:いーあるふぁんくらぶ / みきとP feat, 鏡音リン・鏡音レン  ☆
-メンバー紹介-(たぶん「ボーカロイドたちがただ叫ぶだけ」)
19:リバースユニバース / ナユタン星人 feat, 初音ミク ★
20:TODAY THE FUTURE / はりーP feat, 初音ミク
21:shake it ! / emon feat, 初音ミク・鏡音リン・鏡音レン
22:ODDS&ENDS / ryo feat, 初音ミク
23:39 / sasakure.UK×DECO*27 feat, 初音ミク

-アンコール-
24:砂の惑星 / ハチ feat, 初音ミク
25:Tell Your World / livetune feat, 初音ミク
26:グリーライツ・セレナーデ / Omoi feat, 初音ミク ★

後ろにくっついてるアイコンの意味はこちら↓
★:新曲
☆:準新曲(マジカルミライでは初だが、他のライブでやった曲)
無:過去のマジカルミライでやった曲


 まずは冷静に分析タイムといきましょう。
 曲数としては去年の27曲とほぼ同じ。去年のアンコールが5曲だったので本編に盛り込んだ印象。新曲や準新曲は去年よりもやや控えめか。新曲にしてもオフィシャルCDを除けば鼓童ライブの新曲が多く組み込まれています。「キャットフード」や「アカツキアライヴァル」といったマジミラでは数年ぶりの懐かしい曲や、地味に初演奏だった「愛言葉」、雪ミクライブでやった「ジェミニ」を除けば、予想しきれなかったのは「アンノウン・マザーグース」くらいでしょうか。終始サプライズはなく、心地よくノレた気がします。


 ふう。もういいよね?


 こっからは!熱き血潮に筆を任せて書き殴るぜッ!!
 ・・・いつものことながらほんとに小並感が並ぶので温かく見守ってください。あと記憶の混濁も見られますがお気になさらず(現に去年のレポでは事実ではない記述がありました。陳謝いたします。(パシャパシャパシャ))


 いつも気になる1曲目。去年はミク10周年ということでまさかの「みっくみく」で泣かせにきたマジミラ。果たして――
 テクノっぽいリズムでのキャラクター紹介の流れでスクリーンに映されたのは、お馴染みの「Clap your hands」のアイコン――

 マジカルミライ2018のオープニングは「Hand in Hand」!!?
 これは想定外でした。どうしても「Hand in Hand」は“アンコールの曲” というイメージがあったので…なんかもうどんな顔すればいいのかって感じでしたw
 とはいえ、先述したように、今回のライブに導いてくれたあの曲を初っ端に聴くことになろうとは…感慨深いものがあります( ˘ω˘)


 1曲目ですでに感傷的になりつつある私でしたが、2曲目でまだまだこれからだと気づかされる。
 「ア、ア・・・マイクOK!いっくよー」・・・「ビバハピ」!!
 数年前からずっと待ってた曲がついに!すっごい好き。正直これがオープニングかなぁなんて思ってました。とにかく可愛すぎる問題…昔の記事で「生で『はい、どうぞ♪』が聴けたら死んでもいい」と書きましたが、うん。もう、いいよねって(ェ


 そして個人的にすっごい楽しみだった「METEOR」!!!!
 オフィシャルCDの収録曲の中で一番好きな曲。疾走感といい、歌詞といい、実にマジカルミライらしい曲。緩急の付け方が見事すぎる…これは満場一致でグランプリですわ。


 曲が終わるとさっとポーズを取り、一瞬の静寂が訪れる――「アンノウン・マザーグース」!!
 これは完全に予想外でした。去年だったらあるかなーと思ってましたが。10周年記念アルバム収録曲ですしね。wowakaさんはボカロを聴き始めた初期からのファンなのでとても嬉しい。

 注目すべきは曲の途中にあった数秒の沈黙。原曲にはない間でしたが、似たような演出が過去ありました。今年の雪ミクライブの「愛の詩」で、ミクが観客の歓声が止むのを見計らってバンメンに合図を出す瞬間に似ている気がしました。あれは『R3』という新技術(詳しくはこちら)を使用した演出でしたが、もしかしたらこのタイミングでも使用されたのかもしれません。何となくそれを匂わせる発言が特番でもありましたし。


 「みんな大好きなあの曲♪」(←かわいい)という台詞からシュープリームに着替えたミクさん。「ワールドイズマイン」!!
 鼓童ではやりましたがマジミラでは3年ぶり。いつもの合いの手もできてサイコー
 最後に首をかしげるとこ。ここ好き。


 お次は赤いフードを被った蠱惑的なスタイルなミクさんが――「キャットフード」!!
 これまた3年ぶりくらいの楽曲。これも大好きな曲ですはい…歌詞のセンスが凄まじい…「I say nya-o」のとこ痺れます。


 すると今度は会場が緑とピンクで二分される――「アカツキアライヴァル」!!
 こりゃまた懐かしい…なんでしょうノスタルジックタイムなんでしょうかね?(ぇ
 マジミラでは久々ですけど雪ミクライブではやってましたね!去年はネギトロなかったのでネギトロ民は無事お腹を満たせたのではないでしょうか(ぇ


 この後演奏された「愛言葉」が個人的に結構驚きでした。
 もちろん、何十回も聴いてる(DIVAでもやりまくりましたし)超好きな曲なんですが、記憶が正しければマジミラでは初。最後にやったのって2012年の感謝祭アンコールじゃないでしょうか。これを踏まえて「愛言葉Ⅱ」とかでもよかったなぁなんて。
 超細かいですが最後の「愛言葉」の前に「君への」って小さく聞こえるのすこ。


 さぁ、待ってたぜアニキぃ!!「あったかいと」!!
 タイトルだけ一見するとなんかネタ曲かな?と大変失礼ながら思いましたが大真面目というか、すごく良い曲でした。毎度KAITOは一回しか出番がないのに選曲がいいこともあって目立ってる気がしますさすがアニキ。


 アニキの次はもちろんアネキのターン!「Nostalogic」!
 もうお馴染の曲ですね~いつものエロい衣装で登場です。眼福( ˘ω˘)
 欲をいえば新曲も聴きたいとこですが…なかなかMEIKOさんで新曲作ってる人はいないんですかね…


 ソロ1曲ずつ終わってアニキとアネキのターンは終了―――じゃない!?「on the rocks 」!!
 OSTER projectらしい上品なメロディに乗せて二人のデュエット!アダルティ()
 去年も「二人のデュエットないかなー」なんて書きましたがついに来ましたね!「ミラクルペイント」とか本当に大好きなんでこういう大人っぽい曲も好みです。
 一言物申すとすれば、MEIKOはオシャレなドレス姿なのになんでKAITOはいつも通りなんだ!!間に1曲挟んでるんだから着替える時間あったやろ!!((


 ふう…デュエットも終わったし二人も見納めかな…いやいやいやまだまだまだ続くよ「No Logic」!! 
 なんとMEIKOソロ2曲目!新曲こないかなーとか思ってたらこれですよ!爽やかなメロディに澄んだ声がよく通ってました。


 静かな歌いだしと共にミクさんがカムバック!「ドリームレス・ドリームス」
 こういった落ち着いた新曲というのも結構久々な気がしますなー…まじ歌姫でした。このまま永遠の眠りにつきたい癒しの声()
 あとタイトルの「ドリームレス・ドリームス」ってのが自分の感性に刺さりまくる。


 さぁ、もう休憩は十分だろ?
 と言わんばかりのテンション↑↑な演奏&「10th ANNIVERSARY」の文字と共に降臨したのはレンリン!「劣等上等」!!!
 レンリン10周年記念ソング!しかも青をモチーフとした超クールな衣装(名前忘れた)!!

 実をいいますと、初めてこの曲聴いたときあまり好きじゃないかなと思いました。ギガさんもReolさんも好きですし、決して嫌いではないものの、ちょっとノリきれないなーというか…もちろん個人的な感想ですけどね。むしろ、折角の記念ソングなのに好きになりきれないことが申し訳ないくらい。
 ところが、ライブの前日にヒメヒナ(田中ヒメ&鈴木ヒナ)というVチューバーの歌ってみた動画を聴いてみて、それがめちゃくそカッコよくてですね…無事ライブの瞬間には好きになっておりましたwありがとうヒメヒナ。ジョジになる。

 ネットに上がってる動画を見ると最後の歌詞が「愛ある時代」なんですが、CDとライブでは「マジカルミライ」になってるの素敵すぎ(韻も踏んでる)

 後日談。
 夜に友達と飯を食べながら語ってたんですが、友人が「あのときのリンちゃんの衣装がエロくて心配になるよ」と興奮気味に申しておりました。帰ってからMXの特番で劣等上等は見れたので検証してみた。
IMG_5876.jpg

 わかるマーン( ˘ω˘)


 そして待ちに待ったあの曲が脳髄を吹っ飛ばしに来る。「ロキ」!!!!!!
 1番楽しみにしてた曲です。120%やるだろうなって確信がありました。鼓童ライブだけのためにわざわざレンリンver.を作るとは思えませんし。
 もう超絶好き。カラオケでも何度も歌ってます。好きすぎて多くは語れません。とにかく好きなんです。
 最近聴いた子兎音様の歌ってみたもマジカッケーな出来なのでオススメ。


 ハードなレンリン2連発でテンションが沸騰している頭を冷やそうと流れるのは「ジェミニ」
 DIVAではお世話になった曲ですがマジミラでは初。確か雪ミクライブではやったような?この二人が歌うにはピッタリな曲。


 すぅーっとクールダウンする会場。いやー今年は10周年てことでレンリン3連発かぁ。よかったよかった…そろそろソロくるかな…
 いえいえまだ続きますレンリンのターン!「8HIT」!!
 ジャージ姿でピコピコ音と共に登場。これまた鼓童ライブの新曲。じーざすの曲はノリやすくてライブ向けですねー頭からっぽにして楽しめるw


 いやー今年は10周年てことでレンリン4連発かぁ。よかっ(ry
 ま だ 続 く で 。
 銅鑼の音が鳴り響けばあの曲の合図!「いーあるふぁんくらぶ」!!
 これも何かの縁なのか、普通のライブや和太鼓ライブ、DJライブなどいろんなシチュエーションで聴いてきた曲。最高にノレます。やっぱ合いの手入れられるって幸せ。 


 まさかまさかの怒涛のレンリン5連発が終わり、バンメン紹介へ。個人的に楽しみにしてるバンメン紹介時の演出ですが・・・

 ポォォォォォォォォウ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 想定外すぎるまさかの「ボーカロイドたちがただ叫ぶだけ」ww
 いきなりすぎて最初気づかなかったww意味もなく叫んでるの好きwでもメロディラインはオシャンティでかっちょええんだよなぁ


 もうこのまま20分フルでやって欲しかったけど次の曲へ。「リバースユニバース」!!
 ナユタン星人らしさを残しつつ、ミクさんをお祝いしようという気持ちが随所に散りばめられた素晴らしい曲。愛がなければ書けない。


 続いて去年もやった「TODAY THE FUTURE」!!
 去年の新曲ですが、予習不足のためか「みんなで歌おう」ってところがみんな歌えてなかったので、リベンジの意味でも今年もやるだろうなと思ってました。結果はばっちりでしたね。これも優しい曲でありつつも、疾走感があってマジミラらしくて実に良いですね。


 そろそろライブも終盤。いつものあれも来ました。「shake it !」
 6年連続皆勤賞。これ聴くと「あーマジミラだー」って気分になりますw
 そういえば去年、リンちゃんの去り際の台詞が違う!!とかほざいてましたが、円盤で確認したところ幻聴であったことが判明いたしました(・ω・)


 そして聴くたびに泣きそうになるあのイントロが――「ODDS&ENDS」
 これも何回も喋ってるのでいいですよね。こんなにミクの気持ちを代弁した曲というのも中々ありません。ryoさん、この曲を生んでくれてありがとう。


 ミク「あっという間だったけど、次が最後の曲です」――「39」!!!!
 本編ラストは39!これはほんとに嬉しかった…去年やらなかったので大声で「サンキュー!」て叫べなかったのがほぼ唯一の心残りでしたので…誕生日の数日後というタイミングで言えたのも大きい。この曲は毎年やってほしいなぁ。


 マジであっという間に終了。否、アンコールであるッ!

 響き渡るミクコールの果てに登場したのは、去年のマジミラ衣装に身を包んだミク。「砂の惑星」
 初見ではイマイチ良さがわからなかったこの曲ですが、今ではすっかり陶酔しきっている私にとっては嬉しすぎる選曲。去年以上にノレた自信があります。


 なんともいえない余韻に浸る会場に鳴り響く静かなイントロ・・・スクリーンには色とりどりのキューブ・・・浮かび上がるは「Tell Your World」の文字
 何気にマジミラでは割とお久しぶりおかえりな感じ。もう何十回も言ってるのでいいでしょう。好き

 後日談(その2)
 友人と夕飯の席で語らってる際に物議を醸した。それは「TYWのときにミクが何を着ていたか」という問題だ。
 友人は頑なに「いつもとは違う、紫っぽくてエロっぽい服をしていた。あと目つきもツリ目というか色っぽかった」と主張。俺は俺で「いやいやいつも通りだったよ。そんな俺好みな恰好と表情をしてるミクさんを見落とすはずがない」と一歩も引かない。後日見た特番で偶然TYWはやってたのでビデオアシスタントレフェリーによる判定が。さぁジャッジ
IMG_5870.jpg

 俺氏の目節穴説( ˘ω˘)

 ・・・精一杯の弁明をさせてください。
 最初はデフォルトの服で登場したんですよ!途中でお着換えしたんで!(とはいえ歌いだし数秒で着替えたのでやはり節穴な模様)あと、席も端っこなんでステージは見えにくかったですし(スクリーンははっきり見えているはずなんだよなぁ)、自分目も悪しなんで(眼鏡はかけている)

 すまない。


 「みんなが振ってくれるペンライトの光、とってもきれいでだーいすき♪」
 とかいう「なにそれ可愛すぎて死ぬ」感じのセリフのあと、ミクさんが最後の曲を高らかに歌い上げる――「グリーライツ・セレナーデ」!!!
 去年同様マジミラミクモジュール!歴代テーマソングの中でも1,2位を争うくらい大好きな曲。曲調、歌詞、振付、衣装、会場の雰囲気――すべてがマジカルミライのために用意されたような最高の瞬間でした。緑色のペンライトを振っていると、まるであのPVの中に入り込んだような、そんな感覚になれました。

 あと最後の歌詞の「間近で見たいから!」が「マジカルミライへと!」になってる演出の細かさ。「劣等上等」もそうでしたが細部まで愛が詰まっている。


 以上で本当にライブ終了!最後の曲は例年ですとしっとり終わることが多かった気がするのですが、テンションMAXのまま終えるライブが個人的には好みなので、なんとなくふわふわした心持ちで会場をあとにしました。


 冷静分析タイム(再)
 全体的にサプライズは少なく、割と素直なセトリだったんじゃないかと思います。公式CDや復活曲以外ですと、鼓童ライブや雪ミクライブの曲が多かった気がします。特に鼓童ライブとは重なるところが多かったので、鼓童ライブを経験してるか否かでだいぶ印象が違ってくると思います。

 自分は鼓童ライブにも参加してるので、新曲であってもどうしても一回見たことあるような気がしてしまいました。要所要所に新しくなってる部分はあるものの、正直なところ、セトリとしても演出としても最高すぎた2017年と比較してしまうと、どうしても無難というか少しだけ物足りなさを感じてしまいます。雪ミクライブで検証実験していたR3だったり、17modelといった新技術もあまり活用されてなかった気がします(後ろすぎて見えてなかっただけの可能性もありますが)


 セトリについて、ちょっと前にやってた大阪公演とは一部が変更されていました。6曲分が変わってました。
①Sweet Devil→キャットフード
②Magnet→アカツキアライヴァル
③1/6 →愛言葉
④リモコン→いーあるふぁんくらぶ
⑤メルト→ODDS&ENDS
⑥39みゅーじっく→砂の惑星

 これは完全に好みの問題ですが、大阪の曲の方が全体的に好みなんですよね…もちろん東京でやった曲も全部好きですけどね?あくまで比較するとって話。「Sweet Devil」「39みゅーじっく」なんかは狂おしいほど大好きですし、特に「1/6」は一度も生で聴いたことがなかったので是非聴きたかった…


 なんかマイナスな感想が目立ちますが楽しくなかったなんてわけなくて、控えめにいって最高でした。
 ただ、去年のライブがほんとに文句のつけようがないレベルで最高で、かつ席も最高だったので、どうしてもあれを超えるというのは並大抵なことではないという話です。新曲もあり、新モジュールもあり、レンリンにフォーカスしたセトリであったり、見どころも多く、それぞれは成功していると思うので、ライブ単体で見れば大成功だったと思います。


 きっとこういう感想を持ってしまうのも、目や耳が肥えてしまっているからなんでしょうね。どうしても「マジミラはもっとできる!」みたいなどっかのテニスプレイヤーみたいなことを考えてしまいがち。マジミラは初回から本当に完成度の高いイベントですので、その完成度を保つだけでも相当に大変なはずなんですが。


 いろいろ書きましたけど、やっぱり「楽しかったなぁ」という気持ちには変わりありません。このステージを作り上げてくださった演奏者方、スタッフの皆さん、一緒にグリーンライトを振った同志のみんな、ライブ1週間前に誘うという史上最高(最悪?)な強引なお誘いをされながらも快く付き合ってくれたN氏、そしてKAITO・MEIKO・ルカ・レン・リン・ミクのピアプロキャラクターズ(今回初めて聞いた気がしますが2015年からの呼称でしたw)のみんな!この駄文に付き合ってくれた方々も。本当にお疲れ様でした!


 来年も可能な限り行きます!次こそはSS席に返り咲くことを祈って。

マジミラ2018(小)
 
 照らし出して! グリーンライツ

[edit]

MAGICAL MIRAI 2018[企画展編]  




 今年も参加してきましたマジカルミライ2018!!!
IMG_5787r.jpg
 今年はリンレン10周年!おめでとう!


 もちろんミクもいます。
IMG_5804.jpg
IMG_5848.jpg
 今年のメインヴィジュアルは輝夜月のママでもおなじみのMika Pikazo先生!カラフルな配色が実にPikazo先生らしくて素敵で…すこすこのすこ

IMG_5825.jpg
 等身大Ver.も。最近の等身大フィギュアはクオリティが高いですねー…フリルすごい。


 今年でマジミラは6年目、私にとっては5年連続5回目の参加となるわけですが、ここに至るまでの道程は過去最高に険しいものであった…

 当然、初回の先行からSS席狙いで抽選に申し込むも連戦連敗の嵐
 今回は友人や父の全面的バックアップ、さらには抽選確率UP券なるチートまで駆使したものの、結局一般販売になるまでS席すら入手できず。まさか去年のSSプレミアムチケットとシンフォギアライブ(4階とはいえ)最前列チケットで人生の運を使い果たしたというのか…( ゚Д゚)


 まぁまだ慌てる時ではない。まだ一般販売があるのs……まさかの申し込みすらできずに完売OTL
 時間ジャストに入ろうとしたもののサーバーが落ちていて全然ダメでした…そのころアメリカにいたので通信速度の差とかでしょうか。でも友人や父も駄目だったのでそういうことなんだな(悟り)


 ぶっちゃけ本気で今回の参加は諦めていたある日の夜(ライブ2週間前)
 仕事帰りの夜道を、いつものように音楽を聴きながら歩いていた私の耳に響いたのは「Hand in Hand」
 マジミラのテーマを聴いてたら「今年はマジミラ参加できないんだな…」なんてマジで泣きたくなりました。と同時に、「まだ可能性はあるんじゃないか」とふと思って、歩道のど真ん中に立ち止まり、ぴあのサイトを見てみました。するとなんと…立見席のリセールチケットが一枚だけあるじゃないか。


 なんか自分の目が信じられませんでしたが、ひょんなことからマジミラ参加が決定したのです。
 いやー諦めないって大事。一般販売が終了してから幾度もサイトを徘徊していた私の執念が勝ち取ったといって過言ではない。しかも後日、私のチケットと同日時同場所の立見チケットが手に入りまして。無事、いつもの友人と一緒に参加することもできました!立見席とかいうカースト最下層チケットに一抹の不安はあれど、あの空間を今年も共有できるというだけで満足でした。


 前置きが長くなりましたが、幸せなことに今年もこうしてライブレポと呼ぶのもおこがましい駄文を書けます。
 今回は5回目にして初の夜公演に参加したので、時系列に沿って書いてきます。すなわち、『企画展→ライブ』の順にです。


 まずは企画展についてだらだらと書いてきますが、写真が多いためめちゃくそ長いです。その分文字数は控えめにしようと思います(努力目標)
 それでもいいよーって方はどうぞお付き合いください。



 会場は去年と同じ幕張メッセ!
 さすがに3度目ともなれば人は成長するもの。「こんな目の前にあるのに迷うとか人としてどうかと思うでござるwwww」などと過去の自分たちを完全棚上奴して友人とフラグを立てまくりましたが、無事全てへし折ることに成功。全く迷わずに会場に辿り着けました(快挙)


 企画展スタートが9:30で、メッセに着いたのが8時すぎくらいでしたが結構な長さの待機列が。まぁゆーても公式物販はそうそうなくならんやろ…そう思っていた時期がありました( ˘ω˘)


 レジが見えた頃には、買おうと思ってたリストバンドとお守りがもれなく完売しておりましたとさ。ふーん、駄目じゃん('ω')
 最終日なのでそもそもの在庫数は少なかった可能性はありますが…どちらも大好きなイラストレーター様である望月けい先生のグッズだったので是非とも欲しかったのですが_(:3 」∠)_


 最低限入手する必要のあったペンライトとパンフレット、Tシャツを入手(Tシャツは予定になかったものの、上記2点の完売により頭に血が上ったため購入)
 ペンライトも2016年の持ってるんですがあれ光量が明らかに足りなくてですね…デザインは気に入ってるんですけど。


 公式物販を終えるとのんびり企業ブースとか展示を回ってました。
 普段はすぐに昼公演なのでバタバタしてましたが、やはり企画展→ライブの流れが一番いい気がしましたね。グッズも先に買わないと即なくなりますし。もっとも日曜夜の参加だったので、帰宅したら23時半、翌日5時起き出勤という強行スケジュールになりましたが


 で、いろいろ買ったのがこれら。
IMG_5873.jpg
 (クリアファイルはもらいものですが)

 公式グッズ以外だと、まず和真のメガネケース。くるくると回すと絵柄変わるやつです。地味にメガネケース持ってなかった…というか壊れてるので購入。基本眼鏡は常にかけているのでしばらくはモバイルバッテリー入れになりそう(ェ


 あとパンフにかぶってるのはレーシングミク2018(タイVer.)のアクリルスタンドです。前も言いましたがタイとかマレーシア仕様のミクさんはほんとに健康的なエロス満載で好き()
 しかもなんと約24センチ!もはやスケールフィギュア。結構お値段は張りましたが、飾ってみたら「これはいいものだ」となりましたので後悔はない( ˘ω˘)


 それと下にあるのはOmoiとるなちゅのCDです。
 去年もCDの販売もあったんですが、見に行った頃にはすでに終わってしまってまして…リベンジしてきました。
 Omoiさんの曲も正直「テオ」と「グリーンライツ・セレナーデ」くらいしかちゃんと聴いてなかったのでアルバム欲しいなあと思ってまして。
 あと個人的にるなちゅの曲結構好きでして…「禁断少女プラスA」「猫にオレンジ」とか特に。

 そのるなちゅの新譜がこちら。
IMG_5872.jpg
 センスが神がかっている…ジャケが和風だったのでついつい買ってしまいましたがこの盤面見るためだけに買う価値ある。


 ちなみに、入場特典のピンバッチ(中央付近)はリンちゃんでした。友達はレン君だったので10周年を前に実に縁起がいいw


 買い物の話はこれくらいにして、あとは展示とか。

 まずはついに量産化の目途が立ったというGateboxのブース
IMG_5794.jpg
IMG_5795.jpg
IMG_5797.jpg

 家に帰るとミクがお出迎えしてくれる世界…なんだそれブレードランナーかよ(・ω・)
 技術自体は前から知ってましたがまさか量産化までされているとは…しかもお値段は15万。それなりの値段ではありますが、「自分の部屋にミクが存在する」という事実の前では即現金一括払いです(真顔)

 ただ、実物を見て感じたのが「思ったより立体感がない」「本体がでかい」ということです。でかいのは仕方ないとしても、思ったより立体感が不足している気がしました。まぁまだ開発途中ですし、見る角度とかもあると思うんですが…
 心のどこかで「これを買ってしまったらいろんなものを失う気がする」と思ってる自分がいるものの、ぶっちゃけ超欲しいので期待はしてます( ˘ω˘)


 最近ガルパがコラボイベやってるらしく。ロミシン、エイリアンエイリアン、ロストワン
IMG_5800.jpg
IMG_5799.jpg
IMG_5801.jpg
 正直、バンドリはアニメ見た程度なので詳しくはないものの、カバーアルバムとかは何となく気になってます。ちなみに有咲が大変好み訊いてない


 あとは毎年恒例新作フィギュアお披露目会。今年は常連のグッスマとF:NEXが展示してました。
 F:NEXのマジミラ2017ミクと2018ミク
IMG_5803.jpg
IMG_5805.jpg
 どちらも完成度高くて良いですな…すっごい場所取りそうだけど(・_・;

 こっからがグッスマブースです。Tony先生の桜レーミク
IMG_5851.jpg
 Tony先生の絵柄を忠実に再現したお顔がいとうつくし。

 そしてかんざきひろ先生のレーミク
IMG_5852.jpg
  「てへぺろ!」ってやりながら相手をぶち抜いていくんでしょうねww
元絵のミニ色紙飾るくらい気に入ってるイラストですが、フィギュアの出来も申し分ないですね…これは欲しい…ただ横幅のあるフィギュアは飾りにくいんですよねーもう飾るスペースががが。

 ねんどろいど達。
IMG_5853.jpg
 まさかの発音ミク!?いつもとは違うツンツンしたミクも魅力的ですね。蔑んでほs
 セパンのねんどろいども欲しい。

 10周年てなわけでレンリン
IMG_5854.jpg

 去年は作成途中が展示されてたヴィンテージドレスも完成
IMG_5856.jpg
 お腹と腋がなんとも。


 そしてグッスマといえば忘れてはならないレーシングミク(実車)
IMG_5827.jpg
IMG_5829.jpg
IMG_5831.jpg
 いつか実際に走ってる姿をみたいものです( ˘ω˘)

 噂には聞いていたミク仕様のロード(クロス?)も
IMG_5835.jpg
 新しい自転車も買おうかなーと思ってるので欲しいですが、速攻で盗まれそう(((


 車関係といえば、例のミク仕様のダイハツムーヴもありました。
IMG_5866.jpg
IMG_5867.jpg
IMG_5868.jpg
 あまりにも周りに人が多かったので肝心の正面の写真は撮れず。。
 ただ、細部に散りばめられたミク要素は感じられると思います。しかも、これらのオプションは個々に購入できるんだとか(対応車種なんかはあるんでしょうが)
 プチ痛車とかも面白そうですね。まぁ車持ってないけど…

 コラボのモデルになってるミクさん
IMG_5865.jpg
 というかイイ具合に素朴というか、等身大というか、ほんとにそこら辺にいてくれそうなデザインで幸せ()


 これまた恒例の来年度の雪ミクのデザイン公開!
IMG_5818.jpg
 世界で一番お姫様!!な具合の雪ミク2019さん。テーマは『プリンセス』
 また一つミクさんがお姫様になってしまわれた(何

 過去の雪ミクの設定画なんかも
IMG_5816.jpg
IMG_5815.jpg
 やっぱり2014年の雪ミクが好き。北海道の雪ミクライブも行ってみたいなぁ


 サブヴィジュアルのパネル展示
IMG_5832.jpg
IMG_5833.jpg
IMG_5834.jpg
 ↑望月先生のSDキャラってなんか新鮮でイイですね~是非今度はメインに抜擢してほしい。


 ミクのアプリゲームのイラスト展示
IMG_5858.jpg
IMG_5859.jpg
IMG_5860.jpg
IMG_5862.jpg
IMG_5861.jpg
 (もうしばらくログインしてないな…)


 10周年なのでレンリンも盛大にお祝いされてました。
IMG_5814.jpg
IMG_5789.jpg
IMG_5821.jpg
IMG_5809.jpg
IMG_5808.jpg
IMG_5811.jpg
 色紙もたくさんあったのですが、私の好きな絵師様のものをピックアップ。リンちゃんホンマかわいいな…


 こんな感じで盛りだくさんな内容で大変満足でございましたまる(長すぎ問題)
 ま、まぁ字は少なめでしたし?そこまで疲れなかったのではないかと…いえ、すみません、お疲れ様です(._.)


 とはいえ、まだまだ前半戦。
 実際に企画展を回り終わったあとも一定の満足感があったのですが、本番はこれから。


 さぁ、お待ちかねの宴の時間だ。

[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ